未設定
picapixels:

ee86b98f.jpg
thepeaces:

Twitpic - Share photos and videos on Twitter

キンドルも発売当初は店頭売りはしてなかったので、実際に触って買ってもらうことはできなかった。アマゾンの方でも最初の客は厳選して、すでにアマゾンでたくさん本を買っている人を優先してメールでお知らせをし、それでも最初に用意した台数は売り切れた。その上で、キンドルの使い心地やセレクションに納得した本好きの人たちがブログやアマゾンレビューやクチコミで宣伝していった。つまりアーリーアダプター層を厳選して、そこから地道にユーザーを獲得していったのだ。

一方、7980円という大出血価格で「コボタッチ」を売り出すというのは、普段本なんてたいして読まないような人でも「なんか話題になっているから」とポチれる値段にするということだ。初代キンドルがもし400ドルも出させて「初期設定ができない、ウェブサイトに繋がらない」などという事態になったら、ユーザーはアマゾンのレビューに☆1つをつけるどころではすまない。アマゾンは株価がガタ落ちしてネット産業界の笑いものとなっただろう。だからこそアーリーアダプターは選ぶべきなのだ。


「くるまいった?」 「いった」livedoor.jp
Instagramで撮影

Instagramで撮影

信号待ちでの東京タワー。

信号待ちでの東京タワー。


中国製vsドイツ製の衝突結果!!(笑)livedoor.jp
bgnori:

xperiane:

1341394590042.gif

どここれ?

bgnori:

xperiane:

1341394590042.gif

どここれ?

固定種の野菜は風味がよく、際立ったたおいしさを発揮すると言われています。

生命力も強く、いかにも体によさそうですね。

野菜は一般的には固定種の場合、病害虫に弱いといわれています。

しかし、どうやらそれは栽培方法によるようです。

固定種の野菜がこれまで育ってきた環境条件を考えると見えてくるのですが
人の手があまりかからない条件で長年育ってきているわけです。

ところが、現代の野菜の栽培方法は過保護です。
肥料もたくさん与え、病害虫には薬で対応し、
人のサポートが手厚く与えられる条件で育っているのです。

F1に代表される交配種は
多量に肥料を与えることを前提に開発されているそうなので
こうした農法が一般的で効果もあげているのですが
固定種は化学肥料も農薬もない時代から育てられてきたものです。

つまり、無肥料で育てる方がよいということです。
実際、肥料をほとんどやらないようにしたら
病害虫がよってこなくなったという報告が多く寄せられているのです。

現在、スーパーで普通に売られている野菜のほとんどは、その「あたりまえの種」ではないという。

普段、何も考えずにスーパーで買っているほとんどの野菜は、「F1交配種」という異品種を掛け合わせてつくった「1代目のみ、形質だけでなく遺伝子レベルまでも同じ」になる種から生産されている。

つまりF1種は、兄弟が100人いたら、100人とも同じ背丈で、同じ顔つきで、体臭まで同じということになる。いうなれば、一卵性百生児みたいなもんだ。